カラオケに泊まるのは漫画喫茶などに泊まるよりコスパが良い理由

終電を逃して繁華街をさまよっている皆さん、こんにちは。

今回は耳寄りな情報を特別に公開したいと思います。

 

それは

カラオケに泊まるのが実は最もコスパが良い

ということです。

 

カラオケと漫画喫茶の料金比較

実際に料金を見てみましょう。

池袋にあるカラオケ歌広場と漫画喫茶Manbooの料金を比較してみます。

 

カラオケ歌広場でオールする際の料金は23:00〜5:00の6時間で

学割で880円、一般で1120円となっております。

 

一方、漫画喫茶Manbooでオールする際の料金は

5時間パックで1100円、8時間パックで1300円、ナイト10時間パックで1700円となっております。

 

つまり、料金だけを見るとカラオケの方がコスパが良いのです。

 

カラオケに泊まるそのほかのメリット

カラオケに泊まるとそのほかにもメリットがあります。

それは好きな時に歌を歌えることです。

当然と言っちゃ当然だし、漫画喫茶も好きな時に漫画を読めるのですが、漫画より歌が好きな人にとっては良いですよね。

そのほかにも友達と複数人で泊まることができるというメリットもあります。

 

カラオケに泊まるデメリット

もちろんカラオケに泊まることが良いことばかりではありません。

確かにコスパは良いのですが、最大の難点は椅子しかないところでしょうか。

ある程度椅子は柔らかくて寝られないこともないのですが、気になる人には少々きついかもしれません。

外じゃなければ寝る場所を問わない人にとっては最もコスパの良い手段でしょう。

 

ほかの部屋の歌が聞こえてきて寝れない可能性もあります。

ある程度防音はされているのですが、それは店舗や隣の部屋の人の音量によりけりなので、ある程度のうるささは許容しないといけません。

とはいえオールでずっと元気に歌っていられる人なんていないのでそんなに気にしなくても良いと思いますけどね笑

 

まとめ

ということでカラオケに泊まる際のメリットとデメリットをご紹介しました。

メリットは

  • コスパが良い!
  • 歌が歌える!

デメリットは

  • 椅子で寝づらい
  • 音が気になる

というものでした。

デメリットが気にならない人にとっては最高の寝場所なのでぜひ参考にしてみてください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*